HOME >  うわさの便秘サプリメント情報 >  お通じに良い食材と栄養素

お通じに良い食材と栄養素

このページでは、便秘サプリメントの効果を高めてくれる食材などを紹介しています。

便秘サプリメントと一緒に摂りたいもの

すでによく知られたものですが、その摂り方にポイントがあるんです

朝起きたときに飲む、一杯の水。これが便秘解消法になることは、よく知られていますね。 なぜ、目覚めの一杯の水がお通じに良いのでしょうか? それは、「腸を刺激する良い方法」だからなのです。空っぽの胃に冷たい水が入ることで、胃が刺激されて、大腸に「ぜんどう運動」の指令を送ります(これを、胃・結腸反射といいます)。そして腸のぜんどう運動が活発になり、お通じが促進されていくのです。 特に、腸の働きが低下している「弛緩性便秘」の人にはおすすめです。 また、水の一部は便に吸収されるので、便を軟らかくする働きもあります。便秘は水分の

不足から起こることもあります。朝の一杯に限らず、快適なお通じには「水分補給」は欠かせません。

食物繊維

「便秘の人は、食物繊維をたくさん摂るといい」。これもまた、便秘解消法としては、よく知られていることです。

なぜ、食物繊維が便秘に良いのかというと、食物繊維は便のかさを増やし、便を軟らかくする働きがあるためです。食物繊維は消化されずに排出されますが、水分を吸収するとスポンジのように膨れて、便のかさを増して出やすい状態にしてくれるのです。

でも、中には「食物繊維をたくさん食べているのに、便秘が治らない」という人がいるかもしれません。実は、食物繊維には2種類あり、摂り方を間違うと便秘をひどくさせる原因にもなるそうです。

食物繊維には「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」があります。 便秘に役立つのは「不溶性食物繊維」といわれていますが、本当は両方バランスよく摂ることが大事なのだそうです。不溶性食物繊維ばかり摂ると、便が硬くなってしまうこともあるとか。 不溶性食物繊維を摂った場合、水分を多く摂ることが必要なのですが、水溶性食物繊維には水がたくさん含まれているために、両方ともバランスよく摂ると、便秘には良いのだとか。
(参考:「排便力が身につく本」松生恒夫著)

「不溶性食物繊維」は、レタス、キャベツ、ごぼうなど、葉物野菜、根菜、いも類、豆類、穀物などに含まれています。
「水溶性食物繊維」は、昆布やワカメなどの海藻類、リンゴなどの果実、納豆、キノコ類などに含まれています。

乳酸菌

ヨーグルトやチーズなどの乳製品、キムチや味噌、しょうゆなどの発酵食品に多く含まれている「乳酸菌」。

乳酸菌は腸内細菌の中で「善玉菌」として働き、大腸菌などの悪玉菌を抑え、腸内を元気に保ってくれます。健康な腸は、善玉菌がたくさんある状態なのです。 ですから、便秘改善のためには「乳酸菌」は欠かせないものといえます。

今特に注目されているのが「植物性乳酸菌」です。 植物性乳酸菌は酸やアルカリに強く、動物性乳酸菌よりも過酷な環境で生き抜くことができることがわかっていて、生きたまま腸に届きやすいそうです。乳酸菌の中でも「生命力が強い」乳酸菌として、植物性乳酸菌は大きな注目を集めているのです。

「動物性乳酸菌」とは、ヨーグルトやチーズなど「乳」から生まれた乳酸菌のこと。 「植物性乳酸菌食品」は、漬物、みそ、しょうゆ、酒、大豆などの発酵食品に含まれています。

オリゴ糖

オリゴ糖は、人の消化酵素では消化されず大腸まで届いて、腸内の善玉菌であるビフィズス菌のエサになって、それを増殖させる作用があります。 オリゴ糖を摂ると、腸の調子がよくなるのはそのためです。

快便のための栄養素

マグネシウム

ミネラルの一種マグネシウムには、体の中に吸収されなかった水分を腸に集める働きがあります。これにより、腸の中の便をやわらかくするので、お通じを促進することになります。

マグネシウム製剤もありますが、できるだけ食品から摂りたい場合は、ゴマ、アーモンドなどの豆類、バナナ、魚類などに多く含まれていますので、心がけてみましょう。1日の食生活にふくむマグネシウムの上限は300mgと言われています。多く摂りすぎると、下痢などになることもあるので注意しましょう。

ビタミンC

ビタミンCは、腸内で乳酸菌のエサになるといわれています。ビタミンCによって乳酸菌が腸の中で増えるのです。増えた乳酸菌は、善玉菌を活発にし、腸を動かしてお通じを促進していきます。