HOME >  うわさの便秘サプリメント情報 >  薬の使いすぎはキケン!その理由は

薬の使いすぎはキケン!その理由は

このページでは、なぜ便秘サプリメントをお勧めするのかについて解説しています。

増えている下剤依存症

最近は、市販されている便秘薬を安易な気持ちで服用し、下剤を飲まなければ排便できない「下剤依存症」になっている人が増えているそうです。 薬のタイプによっては副作用が強いので、下剤を飲めば飲むほど腸の働きが低下してしまい、便秘の原因を作ってしまうという悪循環に陥って、便秘がひどくなることもあります。

その結果、さらに下剤を手放せなくなる「下剤依存症」がさらに進行していきます。 下剤を1年以上常用している人は、程度の差はありますが、この「下剤依存症」に陥っていると指摘するお医者さんもいます。

中には、間違ったダイエットの知識で、「下剤を飲むと痩せる」「便が出ないと体重が増える」と信じこみ、多量の下剤を乱用して体に異常をきたすケースもあるそうです。 便秘薬を服用しても体重は減ることがないそうですから、注意しましょう。

下剤(便秘薬)の種類

便秘薬には、大きく分けて2種類があるといわれています。 それが次の2種類です。

刺激性下剤

このタイプには、「大腸刺激性下剤」と「小腸刺激性下剤」があります。 中でも、大腸刺激性下剤に分類される「アントラキノン系の下剤」は、市販されている下剤の約70%を占めています。

このアントラキノン系の下剤には、アロエやセンナ、大黄という成分が含まれており、大腸や結腸を刺激して便を促すものです。即効性が高いのが特徴ですが、副作用があるため、常用は避けたい薬といわれています。

一方の小腸刺激性下剤は、小腸を刺激して便を出すタイプの薬です。ヒマシ油やオリーブオイルなどがこれに当たり、副作用が起こりにくいといわれています。

機械性下剤

便をやわらかくしたり、便のかさを増やしたりして、排便を促すタイプの下剤です。 便の水分を増して軟らかくする「塩類下剤」、腸内の水分を増やして便を軟らかくする「糖類下剤」、便のかさをふやす「膨張性下剤」などがあります。

下剤(便秘薬)の副作用

下剤依存症になると、さまざまな副作用がみられるようになります。

*自力で排便できなくなる。

長期的に下剤に頼って便を出していると、腸が薬の刺激に慣れてしまい、薬が効かなくなってしまいます。また、薬で便を出すことに慣れてしまうと、自力で排便する力が衰えてしまいます。

*習慣性がある
下剤の乱用が怖いのは、気づいたときには定量を超えた多めの量を飲んでいることが多く、やめるのがとても大変になっているということです。薬の多量の服用は体に良くはありません。

*カリウム値が低くなる
過剰な下剤の服用によって、人のからだにとって重要なミネラルのひとつ「カリウム」が排出されてしまうこともあります。 カリウムが排出されてしまうと、全身の倦怠感、動悸、脈の乱れ、筋肉痛などが起こることがあります。

*大腸メラノーシス(大腸黒皮症)
これは、アントラキノン系下剤(刺激性の下剤)を長期間常用することでおこります。大腸の粘膜に、色素が沈着して黒くなる症状です。 この黒い色素沈着が腸管の神経に影響し、大腸がまるで伸びたゴムのような状態になってしまい、大腸の動きが低下してしまいます。

このように下剤にはさまざまな副作用がついてきます。薬は、自分に適切なものを選び、用法を守って、自らの排便する力を取り戻せるような心がけをしていくことが大事になります。下剤依存症にならないように注意していきましょうね。

参考:「排便力」が身につく本(松生恒夫著)