HOME >  便秘の原因と予防法 >  便秘のタイプ

便秘のタイプ

このページでは、「慢性便秘」と「症候性便秘」について解説しています。

症候性便秘

腸閉塞、腸捻転、大腸ガンやポリープなどの病気が原因で起こる便秘です。この場合、病気そのものを治さない限り、便秘は改善されません。 このタイプの便秘については、「こんなときは病院へ!」のページで詳しく紹介しています。

慢性便秘

腸の機能が低下して起こる便秘です。この慢性便秘は、大きく3つに分けられています。

1)「直腸性便秘」

最近増えているといわれているのがこのタイプです。 直腸まで便が下りてきているのに、便意が起こらないために起こる便秘です。腸のぜんどう運動が弱いためになります。

このタイプは、「便が固めで、大きい」という特徴があります。虚弱体質の人、内臓下垂の人、病後の体力が低下している人、ダイエット中の人などに起こりやすいものです。

2)「弛緩性便秘」

お年寄りや運動不足になると多くなるのがこのタイプです。大腸の運動機能が低下して起こる便秘です。

「おなかが張っているのに出ない」という特徴があります。便意を我慢したり、浣腸を繰り返して神経が鈍くなったりするとなりやすいといわれています。便秘薬の使いすぎの方にもよくみられます。

3)「けいれん性便秘」

心的なストレスから結腸の緊張が高まり、起こる便秘です。

「便秘と下痢を繰り返す」という特徴があります。うさぎのフンのようなコロコロした便が特徴で、腹痛を伴ったりします。